鬼滅の刃鬼滅の刃マンガエンディングの説明

鬼滅の刃ファンからの期待が大きかったので、待ちは終わりました。 鬼滅の刃鬼滅の刃:エンターテインメントディストリクトアークが人気を博しており、急上昇しているようです。 鬼滅の刃は、吾峠幸治が執筆・イラストを担当し、Ufotableがアニメ化したマンガ系アニメです。 シリーズの最初のシーズンは2019年にリリースされ、続いて映画「鬼滅の鬼滅の夜ば」、映画「無限の列車」がリリースされました。 この映画は、後に編集され、無限トレインアークになり、エンターテインメントディストリクトアークが続きます。

「悪魔との多くの戦いの後、すべての悪魔の殺し屋は平和になるでしょう。」 この記事にネタバレが含まれていることを知らなかったと言ってはいけません。 結局のところ、あなたはそのためにここにいませんか? だから、デーモンスレイヤーはそれ自身の巨大な世界的なファンベースを持っているので、一部のファンはただのアニメファンであり、マンガではありません。 彼らは主に2つの理由でマンガを読みたくない:彼らはネタバレを望まない、および/または彼らはそれに慣れていない(マンガが読みにくいために諦める人もいる)。 あなたが後者の場合は、良い読書をしてください。 そうでない場合は、知っていることを後悔しないので、良い読書もしてください!

また読む:嘴平伊之助は鬼滅の刃で死ぬのだろうか?

鬼滅の刃鬼滅の刃あらすじ

最初のシーズンが終わると、ファンは次に何が起こるかを知るのに十分なほど必死になっています。 映画とセカンドシーズンに続いて、デーモンスレイヤーは長い道のりを歩んできました。

日本の大正時代、竈門炭殺人未遂の唯一の生存者である妹のネズコと一緒に旅に出ます。 彼らは途中で、同じような状況にあり、お互いに依存して一緒に働く人々に会います。 主人公の丹次郎は、半鬼の妹・ねずこを再び人間に戻そうとしている。 彼の家族はムザンに殺され、丹次郎は根津子とともに家族の遺産を引き継いでいます。 愛する人を安全に保つという彼の意志は非常に称賛に値するので、時には彼は自分ですべての負担を負います。 タンジロウ、イノスケ、ゼニツ、ネズコが鬼を殺し、ムザンと戦うため、シリーズも間もなく終了します。

竈門炭太郎

また読む:鬼滅の刃:鬼滅の刃:遊廓編におけるギュタロウとダキの能力と力は何ですか?

鬼滅の刃マンガエンディングの説明

すべてのアニメファンにとって最も悲痛な瞬間は、アニメシリーズが終了するときです。 アニメシリーズとすべての愛と人生を共有するのは楽しいです。 しかし、私たちが心から愛してきたものに別れを告げる時が来たとき、それは難しいことです。 しかし、そのような結末が私たちに平和をもたらし、私たちの時間を価値あるものにするシリーズがあります。 鬼滅の刃のエンディングはあなたに喜びや悲しみの涙をもたらすと思いますか?

鬼滅の刃マンガのエンディングに来て、あなたが喜んで悲しんでいないことを願っています! アニメシリーズはまだ歓楽街アークにあるため、アニメシリーズを終了するために必要なアークはあと5つあります。 鬼滅の刃の最後の最後の弧:鬼滅の刃は、無限の城の弧と題されています。 ムザンと鬼滅の刃の戦いは続く。 戦いが終わったとみんながため息をついた瞬間、丹次郎は変な振る舞いをした。 彼はムザンに乗っ取られたようだった。 時が来て夜明けが来ると、ムザンはついに敗北した。

すべての騒ぎが起こっているので、ファンがそれ以上期待しないことを止めるのは本当に困難でした。 すべてが正常化したちょうどその時、私たちは主人公の後の人生のより多くの章を期待しました。 しかし、最後のパネルはまったく予想外ではありませんでした。 大正時代から現代へのこのような大規模な移行は、誰も予測できなかったものでした。 ムザンとの戦いは203章「糸の終わり」で終わり、誰もが新しい通常の生活に戻った。 第204章と第205章は、ファンがデーモンスレイヤーのキャラクターの子孫を知るようになるときです。

(左から右)かまどすみひこ、あがつまよしてる、かまどかなた、あがつまとうか。 (裏)青葉はしびら

彼の最後の生き残りである芸術家ゆうしろうのように、生まれ変わって現代世界で平和な生活を楽しんでいると信じられている人もいます。 彼は決して死ぬことはなく、芸術を通して知識を広め始めました。 他の人は彼らの子孫を持っていると信じられていますが。 タンジロウとカナオの子孫(住彦とカナタカマド)、ネズコとゼニツの子孫(トウカ、ヨシテル、2人の妹)、イノスケとアオイの曽孫(橋平青葉)、ギユウの子孫(富岡ギイチ)、宇津井天源の子孫(天馬) )は、デーモンスレイヤーマンガのエンディングで私たちに示されているすべてのものです。

竈門炭郎が頭を高く上げて仲間の言葉を思い出したとき、吾峠光陽春もファンに感謝状を残した。

また読む:鬼滅の刃の矢場における丹次郎の傷跡の意味は何ですか?