東京リベンジャーズ第211章ネタバレ、生スキャン、発売日

新たな飛躍が起こりましたが、今回はマイキーの助けを借りて。 過去に花垣武道が到着した後、ついに東京マンジギャングの元副社長、ドラケンとしても知られる冷泉山龍寺に会うことができた。

新しい漫画の章は、バイクでの作業を終えたばかりのドラケンとタケミチが会うことでデビューします。 タケミチは彼が未来からのタケミチであることを明らかにし、同時に、彼はマイキーを助ける彼の計画についてドラケンに話しました。

しかし、ドラケンは、古いマイキーがいなくなったので、今回は何もできないと答えました。 ドラケンによれば、マイキーに会うことは彼を殺すことを躊躇しないので自殺です。 タケミチは、マイキー自身に撃たれた彼の時間の飛躍の前に何が起こったかを覚えています。

街を散歩していると、見知らぬ男に引きずり込まれながら、意外とイヌピとも呼ばれる犬井誠秀に出会う。 この男は徳原丹代のリーダー、南寺野だったことが判明。 前の章で示したように、寺野はマイキーと同等に立つことができます。

その後まもなく、彼らは多くのバイカーに囲まれました。 寺野は自転車から降りて、ドラケンに直接歩いた。 テラノはためらうことなく、ドラケンを彼に招待します。

第211章予測と考察

マイキーに何が起こっているのかを知っているように見えるドラケンは、厳しい状況に置かれています。 テラノがドラケンをギャングに招待することは、タケミチにとって希望の光かもしれない。

マイキーとタケミチの出会いはまだ遠いようですが、ドラケンが申し出を拒否する可能性はありますが、タケミチはギャングに自分自身を申し出ます。 このようにして、彼はマイキーに会う機会があります。

第211章リリース日

現時点では、東京リベンジャーズの次のマンガの章の遅延の発表はありません。 そうは言っても、東京リベンジャーズの漫画シリーズは定期的にリリースされると考えて間違いありません。

ワンピースやストーン博士のような他の人気漫画シリーズと同じように、東京リベンジャーズは毎週新しい章を取得しています。 正確には、 東京リベンジャーズ第211章は2021年6月23日水曜日に利用可能になります。

ここから公式ウェブサイトにアクセスして、東京リベンジャーズの次のマンガの章を最初に読んでください。

東京リベンジャーズについて

花垣武道は、中学生のガールフレンド、立花ひなたが亡くなったというニュースから知る。 彼が今まで持っていた唯一のガールフレンドは、悪意のある組織である東京マンジギャングによって殺害されました。 彼は薄い壁の荒廃したアパートに住んでいて、彼の6歳年下の上司は、彼をバカのように扱っています。 さらに、彼は完全で完全な処女です。 彼は突然、12年前に中学生時代にタイムトラベルし、彼の底堅い人生の頂点に立ったのです! 絶望的なパートタイマーのタケミチは、日向を救い、逃げる人生を変えるために、関東で最も不吉な非行ギャングのトップを目指す必要があります!

東京リベンジャーズは和久井健によって書かれました。 2017年3月の連載以来、マンガシリーズはすでに合計22巻を獲得しています。 東京リベンジャーズは講談社と週刊少年マガジンの一部で配布されています。 シリーズのアニメ化も2021年春のアニメラインナップの一部として2021年4月に放送を開始しました。