ウィッチャーのスターがワンダーウーマンの悪役としてクリーチャー・コマンドーに参加すると伝えられている

『ウィッチャー』のアーニャ・チャロトラが、ジェームズ・ガン監督の『Creature Commandos』シリーズに出演していると報じられている。

2024 年に Max でリリース予定のアダルト アニメ シリーズである Creature Commandos は、新たに確立された DCU 継続における最初のタイトルとなります。 数名の声優キャストがこれまでに明らかにされており、新たな報道によるとチャロトラもその中に含まれているという。 Toonadoによると、チャロトラはDCコミックスの物語でワンダーウーマンとの確執で最もよく知られるスーパーヴィラン、キルケとしてアニメシリーズのキャストに加わったと噂されている。 ただし現時点では、このレポートはChalotraやDC Studiosによって検証されていない。

DCU のアニメーション部門はソニーのスパイダーバースが作成したテンプレートに従うべきです

チャロトラのキャスティングはまだ確認されていないかもしれないが、それが本当であれば、彼女が実写プロジェクトでもキルケーの役を演じる可能性があることを示唆しているかもしれない。 『Creature Commandos』は、『Superman: Legacy』や DC スタジオが計画している他の今後の映画やテレビ番組と同様、DCU を舞台としています。 『ワンダーウーマン:ウーマン・オブ・トゥモロー』は初期作品の別のプロジェクトであるため、理論的には、チャロトラがクリーチャーコマンドスでアニメーション形式でデビューした後、映画にキルケとして登場する可能性があります。 いずれにせよ、キャストが確定するまではすべて推測の域を出ません。

キルケーは、1949 年の『ワンダーウーマン #37』でデビューして以来、DC コミックスの作品に登場し続けています。同名のギリシャ神話の人物に基づいたキルケーの力には、通常、不死性、魔術、そして人間を動物に変えることによる明らかな喜びが含まれます。 彼女はワンダーウーマンの敵としてデビューしましたが、スーパーヴィランはスーパーマン、スーパーガール、リップハンターなどの他のDCスーパーヒーローとも絡み合いました。 このキャラクターのアニメーション版は、以前にテレビ番組『ジャスティス・リーグ・アンリミテッド』と『ジャスティス・リーグ・アクション』に登場した。

DCU の新時代を導くためにクリーチャーコマンドーが何をしなければならないか

強力なキャストを誇るクリーチャーコマンドス

『クリーチャー・コマンドーズ』のキャストには、エリック・フランケンシュタイン役のデヴィッド・ハーバー、リック・フラッグ・シニア役のフランク・グリロ、イラナ・ロストヴィッチ王女役のマリア・バカロワ、フランケンシュタインの花嫁役のインディラ・ヴァルマ、ニーナ・マズルスキー役のゾーイ・チャオ、ドクター・フォスフォラス役のアラン・テュディック、ショーンも含まれています。 GIロボットとイタチ役のガン。 ジェームズ・ガン監督は以前、ヴィオラ・デイヴィスがDCUのアマンダ・ウォーラー役を再演することを認めており、自身が計画しているマックスの実写シリーズと並行して、ウォーラーもデイヴィスが同役の声を担当する『Creature Commandos』に出演することが期待されている。

『Creature Commandos』は 2024 年に Max で初公開されます。

出典: トゥーナド